自分が良いと思った瞬間を狙って撮るのが写真撮影の醍醐味













以前、僕が撮った写真を見た人が
『 連写した中から良い一枚を選んでるんでしょ? 』 と言われたことがありました。

元々、そんな感覚では撮ってないって否定する自分がいて

言われて改めて振り返ってみると

自分は頭で考えるより身体(指)が先に反応する感覚で狙ってシャッターを切っていて

そんな風に撮ってたら以前より明らかに無駄打ちがなくなっていき
一回の撮影の総カット数が随分と減りました。



デジタルが主流になったことで、撮ってその場で確認できるだけでなく
何百枚、何千枚と撮れ、画質もキレイ、高感度にも対応、連写性能もアップして
確かに、撮影の現場では自分もその性能に助けられている部分はあります。

特にスナップ撮影になると場合によっては目まぐるしく状況が変わるので
連写に近い撮り方をしなければいけないときがあるけど

それでも一回のシャッターを切るごとにボタンから指が離れ、また押すといった感じで
決して押し続けて撮るというようなことはしてません。



なぜなら自分は、できる限り相手の呼吸を感じ

『 フィルムのような感覚で、狙って撮りたい 』 と思っているからです。


自分にとってそこが基本で、つまり 量より質を求める撮り方。


今のカメラは撮っているというよりも、撮らされているような感覚がたまにあり
今後、更に進化すればするほどその感覚が強くなると感じてます。


そうなってくると怖いのは、狙って自分が良いと思う瞬間が撮れた時はいいけど


狙ってないのにたまたま良い瞬間が撮れ
それを狙って撮れたと勘違いしてしまうこと



それはもう完全にカメラの性能の良さであって、自分のチカラではありません。


だからこそ、最後のシャッターを切るという行為だけは
自分の意思・感覚 で撮るという意識を強く持つ必要があると思ってます。


あと、1つのシーンで時間をかけて何回もシャッターを切るのが嫌で

以前 自分が撮られる側(被写体)になったとき
何回も何回も同じ場面で撮られたことがありました。

あまり撮り手の都合で良い瞬間を撮りたいからと
時間をかけて撮れば撮るほど表情がぎこちなっていって
自然さからどんどんかけ離れていくし

何より、撮られる側としてあまり気持ちの良いもんじゃなかったんです。
だから余計にそうなったというのもあります。


集合写真みたいに
目線をしっかりともらって撮らなきゃいけないシーンもありますが

それでも、数を撮ることよりも
短時間で終わるように場をどうやって作るか?という方に意識が働きます。












動きのある瞬間も、連写せずに狙って撮ります。





あれこれと言いましたが、結論として・・・

自分が良いと思う瞬間を狙って撮るのが写真撮影の醍醐味


だから 連写してないというより、したくないんです。









とくおかじゅん エッセイ集






人を撮るということ





まず、会います






連写をしない理由






スタジオ撮影と出張撮影






カメラマンの色






自由な発想で残そう






写真に求めるモノ






自宅着付けのススメ









menu






TOP









こんにちわ









あゆみ









ギャラリー









ムービー









撮影依頼について









お問い合わせ






当サイトにて使用している写真・イラスト・素材など著作権がありますので 無断で使わないでくださいね

Copyright ⓒ Jun-Tokuoka All Rights Reserved