撮影当日までに打ち合わせ(顔合わせ)することで生まれる相乗効果






京都府城陽市で成人記念前撮りの打ち合わせ&出張撮影






ご依頼の連絡や相談をいただいたら まず、会いに行きます。

残したい人(お客さん)はどんなカメラマンなんだろう?という不安や疑問があるのと同じで
僕もどんな人を撮るんだろう?という不安と興味があるので。


打ち合わせという名の顔合わせ 』 です。


電話やメール、今の時代を考えると
わざわざ時間を作ってそんなことしなくても他にも方法はあるのに

なぜそうするようになったのか?


独立する前、写真会社やスタジオなど転々としながら勤めて写真を撮っていた時
お客さんと事前に会うことなんてありませんでした。

当日会って、撮って、それで終わり。

仕事として利益を追求する以上、作業は効率よく分業制になっていて
自分もそんな環境にいたこともあって、当たり前だと思ってました。

毎日のように撮影があって仕事をこなしていく中で技術と経験は高まっていき
ある程度 撮れるようになって自信もついてきたころ
自分の中で疑問が出てきました。


『 何のために撮ってるのか? 』  『 何を撮りたいのか? 』


はじめはただシャッターを切って写るだけで喜び
それから人を撮ることが好きになってきて
そして今は人の感情が動いている瞬間を撮ることにやりがいを感じて

もっともっと良い瞬間を追求していくと
自分が良いと思える写真には、その時感じた気持ちがちゃんと残っていて
せっかく独立するなら、そういう写真を撮っていきたいと思いました。


まず会って、話して、少しずつ仲良くなって
どんな写真を残したいかという相手と僕の想いがあると・・・

シャッターを切るときの気持ちの入り方が全然違うんです。




仕事としてやる以上、技術や経験は当然必要だけど
自分にとって一番大切なのは気持ちなんです。

よくサービス業はお客様第一と言いますが
僕の写真業の場合、正直に言うと お客さんが50%、僕が50%。


お客さんのために撮ったモノが自分のためになるし
自分のために撮ったモノがお客さんのためにもなる



いつもそういう感じになるわけではないけど、目指すところはそこであって
気持ちが入る分、単なる仕事の1つとして割り切れず、ついこだわってしまいますが

10年、20年・・・と ずっと残っていくモノだからこそ
良い思い出としてできるだけ、うれしい、たのしい気持ちを込めたいんです。



あと、打ち合わせ(顔合わせ)をするときはご自宅に伺うことが多いんですが
住み慣れた家だとお客さんも無意識にリラックスしてらっしゃるのか

話の中には時々 本当の気持ちが見え隠れします。


何かそれが自分が求める本当の自然な姿のように見えて
気付いたら心でもシャッターを切ってることがあります。


そんな時間も大切だから僕は まず、会いに行くんです。






京都府城陽市で七五三出張撮影の打ち合わせ


バイバイも思い出になるよ



京都府伏見区で七五三出張撮影の打ち合わせ

打ち合わせ記念



京都府城陽市で成人記念出張撮影の写真のお渡し

ずっと残ります



京都府宇治市で選挙活動の出張撮影の写真のお渡し

写真を見て喜んでもらえるとホッとします



京都府宇治市で七五三出張撮影の写真のお渡し

みんなでワイワイもうれしいなぁ







大切にしたい瞬間は 気持ちひとつでいつも目の前にあって

打ち合わせ(顔合わせ)、撮影当日、お渡し、すべてが思い出になります。


撮影当日だけでなく、そんなふとした何気ない思い出も覚えておいてほしくて
撮ったデータの中にいっしょ入れてにお渡ししています。

気持ちもいっしょに残すってこういうことを言うのかな?











とくおかじゅん エッセイ集





人を撮るということ





まず、会います






連写をしない理由






スタジオ撮影と出張撮影






カメラマンの色






自由な発想で残そう






写真に求めるモノ






自宅着付けのススメ









menu






TOP









こんにちわ









あゆみ









ギャラリー









ムービー









撮影依頼について









お問い合わせ






当サイトにて使用している写真・イラスト・素材など著作権がありますので 無断で使わないでくださいね

Copyright ⓒ Jun-Tokuoka All Rights Reserved