その日の思い出を自然体でありのまま残す自宅着付けの良さ






京都府城陽市で七五三の出張撮影

お姉ちゃんの着付け中。 気になって部屋をのぞく弟くん。 次は君の番だよ。




『 出張撮影専門の写真のなんでも屋さん 』 では
お宮参りや七五三、成人記念、結婚式の前撮りなど
衣装を着る準備(お仕度)風景もいっしょに撮り残せるように事前の打ち合わせでお願いしてます。


すべてが思い出になるから

それがまず頭の中にあって、自分では当たり前と思ってることだけど
この話をするとほとんどの人がそんなシーンも撮れるんだと驚かれることが多いです。


その背景として・・・

スタジオにはないありのままの自然な雰囲気でのびのびと撮れる屋外撮影の良さが認識され
出張撮影というモノが世間に知れ渡ったことで需要が増えたのは良いけど
結局、多くの写真業者は (マッチングサイトも含む)
基本的に生産性と効率性を重視した仕事の進め方をするので

時間制で区切って、延長料金もかかるし
手間や時間のかかることなど、儲からないことはしません。

そんな環境下で働くカメラマンというのは、あくまで1つの駒であり、取り換えの利く歯車。
お客さんとカメラマンに必要以上のコンタクトをさせず割り切って撮影させる。
少ないギャランティの中から更に手数料を取る上に、交通費も込み・・・などなど

今の時代、こんな条件の中で撮ってる末端のカメラマンが増えています。


そうなると当然、稼ぐためには数をこなさないと成り立たなくなるため
時間制にすることで延長料金も気にしてとなると
お客さんは着付けが終わってからいざ撮影という選択(イメージ)しかないし
そんな環境下で育ち固定概念に縛られているカメラマンも視野が狭まっています。


選ぶ側であるお客さん(残したい人)は、目に見える情報でしか判断できません。

そうやって広告力を生かした大手の撮影の仕方が当たり前だと思い込んでいるため
準備(お仕度)を撮るという発想が生まれないのはホントもったいないですし

気持ちを重視した非効率を求める撮り手(カメラマン)が少ない現状にも悲しくなります。



京都市伏見区で七五三の出張撮影

おばあちゃんに着付けてもらったこと。 覚えておいてほしいなぁ。




写真会社やスタジオなどいろいろと組織の中で撮ってきた自分が
独立した一番の理由は、組織でできなかったこと(自分のやりたいこと)をやるためでした。

・ 事前の打ち合わせ(顔合わせ)を必ずする
・ 会って、撮って、編集して、プリントして、直接渡す それを全部自分でする

1つのご依頼でこれだけのことをするとかなりの手間と時間がかかりますが
生産性や効率性を求めると自分のやりたいことができず見失うモノがあって
逆に
手間暇かけた分だけ思い出深く残る ことに気付いたので

まず自分の中では 『 どうすれば気持ちを込められるか? 』 ということを第一に考えます。


その答えの1つが事前の打ち合わせ(顔合わせ)をすることでした。

どんな形で残していくか?ということをいろいろと話し合っていく中で


お互い今まで見えなかったモノが見えてきて、既成概念に囚われない柔軟な発想が生まれ
いかに世間一般の常識に囚われていたか? ということに気付きます。


常識はあくまで多くの人間によって作られたもので、常識に囚われていたら
いつまで経っても 『
自分たちらしい記念写真 』 には辿り着けません。

あれこれと言いましたが、要はシャッターを切ったら全部 思い出になるんです。
そう考えれば無駄な瞬間って何1つなくて、残すも残さないも自分たちの気持ち次第。

僕はこれまでの写真人生の中でそれをすごく実感してきました。


だから 『 写真のなんでも屋さん 』 では
あくまで半日単位で大体の範囲で決め、延長料金もかかることなく
時間を気にせず自由にのびのびと撮影ができるようなスタイルでやっています。



京都市左京区で結婚記念実家で前撮りの出張撮影

お母さんに着付けてもらってる中でふとした表情が雰囲気の良さを物語ります。




スタジオなら予約だけすればあとは何も気にせず任せられるので余計な手間がなく
逆に自分たちで色々と段取りするのはなんか大変そう・・・

そんなイメージありませんか?

でも、
まず考え 準備していくことが
『 自分たちらしい記念写真 』 の第一歩 であって

近年 出張撮影が増えてきたことで
今では着物のレンタルや出張でヘアメイク・着付けをしてくれる人たちも
ちょっとネットで検索すればすぐに見つかるような時代になりましたし

時にはお母さんやおばあちゃんが着付けしたり
親戚の叔母さんや、お友達でヘアメイクできる人がいたりということもありました。


気心知れた人たちとのお仕度って
みなさんが思ってる以上にホント楽しいんです。



ワイワイ他愛もない話をしながら準備してると
みなさんリラックスした自然体だから予期せぬ幸運な瞬間に出会えたりして

だからそんな雰囲気もできるだけ残したいんです。






【 参考記事・ムービー 】

・ 七五三のお仕度~お参り

・ 思い出を運ぶひと (YouTube)

・ It's my life (YouTube)

・ 自宅着付けのススメ

・ 実家で前撮りのススメ










とくおかじゅん エッセイ集





人を撮るということ





まず、会います






連写をしない理由






スタジオ撮影と出張撮影






カメラマンの色






自由な発想で残そう






写真に求めるモノ






自宅着付けのススメ









menu






TOP









こんにちわ









あゆみ









ギャラリー









ムービー









撮影依頼について









お問い合わせ






当サイトにて使用している写真・イラスト・素材など著作権がありますので 無断で使わないでくださいね

Copyright ⓒ Jun-Tokuoka All Rights Reserved