あなたに合った写真屋さんを選ぶことが、良い写真を思い出深く残す第一歩













僕は自分が撮った写真を見てもらって
『 上手い 』 とか 『 キレイ 』 って言われてもあまりうれしくありません。

上手いと感じるのはそれなりにやってるからで
キレイなのはカメラの性能が上がっただけのことだし

何より僕は
上手さやキレイさを求めて撮ってない ので。


カメラマンの色って聞いたことありますか?


色っていうと赤や青なんかを連想するかと思うんですが
厳密に言うと、一人一人の人間の考え方や意識、見た目などが違うように
カメラマンもそれぞれ違うんです。

男と女って言うだけでも違うし、年齢が違うこともあります。
子どもが好きなカメラマンもいれば、風景や物、料理などを撮るのが好きなカメラマン。

写真が 『 上手い、キレイ 』 って言われて喜ぶカメラマンもいれば
僕のように 『 ホッとする、温かい 』 って言われて喜ぶカメラマンなど。


食べ物で言えば同じラーメン屋さんでも
好きな味の店、そうでない店
そこで働く人とか雰囲気自体が好きな店とかってありますよね?

簡単に言うとそんな感じです。


そのように見た目もそうだし
求めているモノもカメラマンによってそれぞれ違うのですが

残念なことに撮り手に関しては
その違いをあまりよく分かってもらえてないように感じます。


なぜか?


フェイスブックやインスタグラムなど、SNSが流行り出し
撮り手の人柄やこだわり、想いなどの本質よりも
写真が先行して色んな人たちに届けられるようになったことで

選ばれる側の撮り手の見てほしい部分と
選ぶ側であるお客さんの見る部分にズレが生じたから
だと思います。


日々、至る所で写真がアップされ、どれも上手くてキレイだけど
違いが分からないというか、みんな同じような写真ばかり・・・。

そもそも、写真だけで判断することが間違いなんですよね。


入口は写真であってもいいけど、
百聞は一見にしかず

気になったら、まずその人のホームページを見に行くとか
何より、実際にコンタクトを取って会って話してみるのが一番です。

僕がご依頼の相談を受けてまず会いに行くのって
メールや電話だけだと、ニュアンスが伝わりにくいし
せっかくのご縁を誤解を招いて失いたくないから

実際に会って生の声で話した方が伝わりやすい
と思って実践してます。


そのお店の良い情報がたくさんあっても
実際に行って食べてみないと判断できません。

いくら美味しくても雰囲気が悪かったら半減するし
味よりもそこで働く人や雰囲気が良かったら通っちゃうし。


結局、ご縁というのは人と人の関わりがあって生まれるモノ・・・

心(こころ) なんですよね。









独立して一人でやってると、いろんな問い合わせがあります。

以前 別のところで撮ってもらった写真を見せて
こんな雰囲気で撮ってほしい・・・って

吉野家に行って、すき家の牛丼出してくださいって言ってるようなモンです。

普段、食べ物屋さんに行ってそんなこと言いますか?
別の店に行って、あの店の味が好きなので、あの店の料理を出してくださいって。

それぞれのお店には味であったり、店主のこだわりであったり
雰囲気や値段とか、色々な要素があって
お客さんは自分の好みに合ったお店を知らず知らずのうちに選んでるんです。


カメラマンも同じです。

例え見た目の似たような写真が並んでいても
撮ってる人が違えば、考え方やスタイル、こだわりも違うわけで

写真だけで選ぶのではなく
その人の本質を見て選んで頂ければうれしいなって思います。


そして、自分たちが残したい瞬間と要望を伝え

真っ白なキャンバスにそのカメラマンの色と掛け合わせ
いっしょになって写真というカタチに染め残す



僕が撮る写真は僕一人のチカラだけではどうにもなりません。
写る人たちの残したい気持ちも大切なんです。

それをいっしょに創り出していく共同作業。

僕の思い出という名の人生を撮るイメージはそんな感じです。




・・・



『 とくおかさんの写真って粗削りだけど なんか気になる・・・ 』


写真を10年やってても未だにそう言われるんです(笑)

でも、この言葉を頂いたとき
自分の色をちゃんと見てくださってるんだと、本当にありがたかったですし

そうやって人との出会いから成長させてもらってるんだと実感してます。



これまで、僕に依頼してくれた人たちの大半は知り合いさん経由のクチコミが多く
そういったお客さんだとただ撮ってほしいという感じでなくて

ある程度こちらのことを知った上で相談してくださるので
話がスムーズに進むし、早い人だと1年前から予約を頂いたりしたこともありました。

そういう人たちの多くは写真を残すことにもこだわってらして
キレイに撮ってもらえれば誰でも良いという安易な考えではなく
自分たちの人生を誰に撮ってもらおうか?と

カメラマンをちゃんと人として見てくれていて
写真屋さんを選ぶことへの優先順位がとても高いんです。


ただ現状としてたまにあるのが
記念写真となると、準備や段取りばかりに気を取られてしまって
撮影の数日前に慌ててカメラマンを探すパターン。。。

正直、そんな風に選ばれてもこっちは辛いだけ。。。




カメラマンも人間です。

『 あなたに撮ってほしい 』

そんな風に言われたら嬉しくなって、モチベーション上がっちゃいます。











とくおかじゅん エッセイ集





人を撮るということ





まず、会います






連写をしない理由






スタジオ撮影と出張撮影






カメラマンの色






自由な発想で残そう






写真に求めるモノ






自宅着付けのススメ









menu






TOP









こんにちわ









あゆみ









ギャラリー









ムービー









撮影依頼について









お問い合わせ






当サイトにて使用している写真・イラスト・素材など著作権がありますので 無断で使わないでくださいね

Copyright ⓒ Jun-Tokuoka All Rights Reserved