YouTubeにリンクしてます











もうすぐおにいちゃんになるんだよ

三年追いかけた家族写真の出張撮影

もうすぐ生まれてくる数ヶ月前のお兄ちゃんを軸に
その後の三年間を追いかけたあしあとです。

初めて会ったときはおとなしかったおにいちゃん。
五年後、十年後と成長していく姿を想像しながら撮りました。











思い出を運ぶひと

七五三の出張撮影とその後のおはなし

初めて会って、撮って、写真をお渡しに行く・・・

すべてが思い出になります。











It's my style


おうちで支度する七五三の出張撮影

春に初めて会って、夏、秋、そして当日・・・

仲良くなればなるほど思い出深く残っていきます。










1.12 ~ メッセージ ~

成人式舞台発表の出張撮影

『 息子が成人式でステージ発表するから撮ってほしい 』

お母さんからのそんなご相談から
じゃあ練習も思い出になるから撮りましょうということで
一生に一度の彼らの熱い思い出です。










閃き/煌き

カメラさんぽ&成人記念の出張撮影

後半部分の 『 煌き 』 に成人記念のムービーがあります。

近くの美容室で準備して家や近くの神社で記念写真。
そのあと会場で友達といっしょのとこまで撮りました。











となりのぼん


成人記念のもうひとつのカタチ

『 今までちゃんとした写真を残せてやってないので・・・ 』
お母さんの想いを知り

成人式実行委員に自ら立候補した息子さんの晴れ姿を
お家で家族写真を撮るところから会場での催しまで。
スーツを買いに行くところ、実はお母さんの提案です。













お店の今を残す出張撮影

お父さんが1から建てたプラモデル屋さんを
閉店されるということでご依頼をいただきました。

撮影終わって編集しながらふと
娘さんから聴いたお父さんとの思い出話を振り返ってると
何かカタチにしたいと思って作りました。











旅立ってゆく人へ

プロフィール写真の出張撮影

『 その人が生きてる・生きてきた場所で撮りたい 』

そう思って最後の生放送中にお邪魔して残しました。











VIVO!

子供演劇の出張撮影

どこにでもいるような普通の子供たち。

でもいざ演技が始まると違った表情が見えてきて
そんな姿に興味を持って追いかけてました。









R

ピアノ・コーラス発表会の出張撮影

過程を大切にする僕は練習から撮らせてもらいました。

だってそうした方が本番が楽しみだし、気持ちもこもるから。











あした天気になぁれ

就労支援事業所活動の出張撮影

はじめはコマ送りで作ろうかと思ったけど
それでは楽しいゆめハウスが表現できてないと思い

そこで働く人たちの笑顔を狙って撮りました。











未知導

就労ネットうじの日々の活動記録

ゆめハウスさんとみっすくはあつさんにお邪魔して
それぞれの一日を密着して撮りました。

みんなの働く姿を見て、一人でも多くの人に
何か感じてもらえるモノを作らなくてはいけないと思いました。











ALIVE

ヨガのある暮らし

プロフィール写真を撮ったことから
教室の雰囲気が分かるようなモノを作れませんか?
そんなやりとりから始まりました。

教室風景だけのムービーで終わるはずだったのですが
国際ヨガDAYのカメラマンとしてもご依頼いただいたことで
このようなカタチにすることができました。










BLUE ON AQUA

ヨガイベントの出張撮影

京都水族館でヨガイベントをされるということで
ピンチヒッターとして参加。

ムービー制作にあたっては
トタニさんの曲を使ってほしいということで
そのイメージを自分なりに想像しながら作りました。











Made In Mayumi

選挙活動の出張撮影


佐々木さんが初めて立候補するということで
まずは選挙ポスターの撮影を依頼して下さり

その流れで活動中も残すことになりました。











ハナコトバ

佐々木さん二度目の挑戦記録

前回の悔しい次点から四年・・・

再挑戦した佐々木さんの記録です。













TRAILER




神様がくれた時間




na-tsu-mi

写真展の予告編 & 総集編

思いつきで写真展の予告編を作り。
思い出深く残したくて総集編を作り。
また思い出を増やしたくて作りました。











hirameki

自己紹介ムービー

前から自分の撮影スタイルを知ってもらいたくて
作りたかった自己紹介ムービー。

別のYouTube発信を製作中にヒントを得て
そこから念願の完成まで漕ぎ着けました。












『 写真のなんでも屋さん 』 という屋号でやってます。







ホントはその前に
『 写真を撮るひと とくおか じゅん の 出張撮影専門 の ・・・』
と 付くのですが、長過ぎるため ×

個人でやろうと初めて名刺を作った時
屋号もあった方がやる気が出るだろうと思いましたが
単なる思いつきの面白半分でつけた屋号だったため、いつの間にか自然消滅・・・

カタカナや英語などのオシャレな屋号ではなんか自分らしくなくピンと来なかったので
それからは自分の名前を屋号にしてました。

世間一般の写真屋さんは、家族写真や子供の写真、プロフ写真、
発表会などの写真を表記されてるところが多いですが

よくよく考えると
自分は撮影シーンにはこだわってなく
残したい人の気持ちにこだわってることに気付きました。

どんな人生の瞬間でも平たく言えばどれも 『 今を残す 』 ということで
それが結果的に家族写真や子供、発表会の写真であったりするだけで
そこに特別な感情や感覚はありません。

数ある写真屋さんの中で選んで頂いた以上
どれだけ 残したい人の気持ちを知って
どれだけ 本気( 本当の気持ち )で残せるか?

そこに全力集中してます!




そんなことを考えてる時にふと思い浮かんだ言葉。

写真のなんでも屋さん


僕が撮影シーンを示すのではなく
まず残したい人が自由に考える写真屋さん。




大切にしたい人生の瞬間って、気持ち次第でいくらでもあると信じていて
それをもっともっと気付いてほしくてこの屋号にしました。

ただキレイで上手く撮る写真屋さんだったら
僕よりも上手い人が世の中たくさんいらっしゃいますし
そんな理由だけだったら僕を選ぶ必要はないと思います。

僕を選んでくださった方々は
僕が撮った写真を見て 『 すごい! 上手い! 』 と思うのではなく


スタイルやこだわりなども含めて
『 共感 』 して下さってるのだなぁとつくづく感じます。



実際は予算が合わずご依頼が成立しないこともありますし
一人で細々とやってるため
どんな撮影でも100%対応できるかと言えば難しいこともあると思いますが

それでも、写真を残したいけどどうすれば・・・

『 そうだ、あの人に相談してみよう! 』

そう思ってもらえるようなそんな撮り手でいたいと思います。


上手くてキレイな写真ではなく
楽しくて気持ちのこもった写真



それを常に目指し続けています。


・・・


と、あれこれ言いましたが
写真のなんでも屋さん ってそんなに難しく考えてもらう必要はないんですよね。

残したいと思った時にまず相談してみようかな?

それでいいんです。









menu







TOP










こんにちわ









あゆみ









ギャラリー









エッセイ集









撮影依頼について









お問い合わせ






当サイトにて使用している写真・イラスト・素材など著作権がありますので無断で使わないでくださいね

Copyright ⓒ Jun-Tokuoka All Rights Reserved