歩んだ数だけ進んでる






2008年 : 写真をはじめる

2008年~2010年 : ウェディング・フォト~スクール・フォトの撮影に携わる





● 2010年 12月

名刺作りをキッカケに 『 写真を撮るひと 』 という肩書きが生まれる






個人でやるならまず名刺から・・・と
たまたまもらった名刺のデザインに興味を持ち、メスダヌキヤドさん を紹介してもらいました。

『 子供にも渡せる名刺 』 というコンセプトを話し、そこからいろいろと相談、提案していただき
念願の第一号名刺が完成しました。






● 2011年 10月 10日

ホームページ 開設





いざ作ろうと思い、始めたホームページ制作。
知識もないのに、業者に頼むと高くつくし、せっかく自分のホームページを作るんだから
自分でやってみようと数ヶ月、自問自答、試行錯誤を繰り返しながらようやく完成。

やっと公開、やって後悔・・・ そんな船出でした。

同時にブログ 『 絵日記 ~夢のあしあと~ 』 を 始める。







● 2012年 7月

地元ラジオのワンコーナーに音声出演






地元ラジオ(FMうじ)の新コーナー 『 本気の証 』 の記念すべき第一回ゲストに選んでいただき
事前収録(音声)での初出演をしました。

この時から自分にとっての本気とは、 『 本当の気持ち 』 と言ったことがずっと残っています。






● 2012年 10月

合展 『 第三回 鬼神と仲間たち展 ~みんなが主人公~ 』 に 初参加





とあるご縁から、絵画や陶芸を制作されてる人たちといっしょに写真を展示させてもらいました。
自分が撮った写真を人に見てもらうのは初めてだったので、とにかくワクワクしてました。






● 2012年 11月

告知なしの2日間だけの写真展 ( 初個展前の予行展示 )





1月の初個展に向けて、丁度場所が空いていたので
準備や展示のイメージを把握しておきたかったので、プレ的にやってみました。






● 2013年 1月

初の個人写真展 『 365日写真生活 ~原点から、いま~ 』





地元での初個展。
・・・となれば気合いが入らないわけがなく、毎日がドキドキ、ワクワクでした。
たくさん展示したつもりがまだまだスペースがあることに気付き
次回へ向けてまた新たなイメージが湧きました。






● 2013年 6月

奈良で写真展 in はなや北川





前々から地元を離れて他府県で写真展をやってみたいと思い色々探してるときに
はなや北川さんと出会いました。 お店はお蕎麦屋さん (& カフェ) です。

普段はお店で働く看板娘のシンガーソングライターのともえさんとも知り合い
ライブに行ったりして少しずつ親交が深まっていきました。

彼女の代表曲 『 やさしい光 』 を 初めて聴いたとき、心が晴れ
とても前向きな気持ちになったのをよく覚えてます。






● 2013年 7月

東日本大震災 被災地へ行く


  総集編ムービー


2013年 夏・・・ 帝産観光バスさん 全面協力のもと
ボランティア・グループの方々といっしょに東北の被災地に行ってきました。

はじめは、ただ記録的に撮ろうと思っていたのですが、現地のみなさんとふれあううちに
『 自分は何を撮りたいのか? 』 という疑問に直面し

現地の悲惨さや辛さ、苦しさや悲しさといったモノではなく
人が持つ無限の可能性を撮りたいんだということに気付き
いつしか、この瞬間にかかわった人たちの感情を追いかけていました。






● 2013年 9月

2日間の写真展 『 365日写真生活 ~原点から、いま~ +プラス 』


  思い出


7月に行った被災地での写真を初個展のときの写真にプラスして展示しました。

被災地に行ったことで一人とても気持ちが熱くなってましたが
実際にはじまってみると、その反応の少なさや小ささにかなり凹みました・・・。






● 2013年 10月

集合展 『 第四回 鬼神と仲間たち展 ~ひとりひとりの色~ 』 に 参加


  総集編 ムービー


2度目の集合展では、7月に行った被災地での写真のみを展示。
一人でも多くの人に何か気付く、考えるキッカケとなってほしいと思ってましたが
やはりここでも温度差は想像以上に大きくて・・・

極僅かの人だけでも震災についてお話しができたこと
冷静に見つめ直し、いろいろと考えるキッカケができたことなど、とても良い経験となりました。






● 2013年 秋~

YouTube 発信スタート


  クリック


ブログのように一枚一枚ではなく
スライドショー形式のようにすれば、また違った感じで見えるのでは?と思ったのがキッカケではじめました。

作れば作るほど、自分の中の引き出しが減って不安が生まれるけど
作れば作るほど、また新しいアイデアが出てきてワクワク楽しくなって
作れば作るほど、人に見てもらう以上に、自分のために作っているんだなぁと実感してます。






● 2014年 3月

写真展 『 365日写真生活 ~夢のあしあと三年 ~ 』


  総集編 ムービー


今回は今まで以上に想い出深いモノにしたいと思った結果
ときどきではなくしょっちゅう写るひとになってしまいました。

写真展が始まるだいぶ前から
終わったら総集編的なモノを作りたいと頭の中でなんとなくイメージしてました。


でも、写真展に誰が来てくれるのかまったく予想もつかなかったし
もしかしたらあまり来てもらえないかも・・・という不安もありましたが

観に来て頂く人が一人二人と増える度にイメージがどんどんと湧いてきて
自分の予想を大きく超えるたくさんの出会いがありました。

いつもなら変化をつけたりするのですが
今回はストレートに自分の気持ちをひとつひとつ見てほしいと思いました。

※ 曲は以前 奈良で写真展をさせていただいたときに出会った
シンガーソングライターの吉田ともえさんの 『 やさしい光 』 を許可を得て使用させていただきました。

初めてこの曲を聞いたときとても心が癒され、気持ちが前向きになり
僕にとって想い出深い曲になったことでお願いをしました。






● 2015年 3月8日

屋号 『 写真のなんでも屋さん 』 発進!





ずっと自分の名前を屋号として活動していたのですが
何気ない出会いからヒントを得て屋号名が思い浮かび、
念願のその屋号を車につけました。

屋号をつけて良かったと思うこと。
・ モチベーションが上がる
・ より自覚と責任が生まれる
・ 立体駐車場でどこに停めたか迷っても、すぐに見つけることができる







● 2016年 2月26日

地元紙に初掲載


  クリック

地元の記者さんに 『 写真のなんでも屋さん 』 となって初めて取材していただきました。
あれだけまとまりのない熱い話しをとても上手くまとめてもらいました。


取材してくださったのはこの方 ・・・






● 2016年 3月19日

新たなる一枚が完成


  クリック


これまで紆余曲折を経て微妙に変えてきた名刺ですが
写真のなんでも屋さんとして、ようやく今 納得できるモノができました。

自分で歩んでこだわって考え抜いた先に見つけた一枚。
渡すときは我が子を送り出す親のような気持ちです。






● 2017年 1月5日~11日

パネル展示をする


  クリック


写真展をやりたいっていう気持ちはまだ湧かないけど
人に見てもらいたいという想いは日に日に強くなってきたので
地元の施設に一週間、パネルサイズの写真のみを飾らせてもらいました。

感覚的には写真展ではなく
馴染みのお店にいつも飾らせてもらってる 『 種まき運動 』 の延長線上だと思いました。






まだまだ続く・・・



  




Copyright ⓒ Jun-Tokuoka All Rights Reserved