自分たちにとって大切な瞬間。

どこでどんな風に、誰に撮ってもらおう?










実際に会ってみよう。










いろいろお話ししてみよう。










よし、この人に撮ってもらおう!










いろいろ考えてたらワクワクしてきた・・・










楽しいなぁ







僕の考える良い写真って、見た目のキレイさや上手さではなくて

残したいひと ( ご依頼を下さった人 ) と 撮りたいひと ( とくおかじゅん )
お互いの本当の気持ちが一つになったとき生まれるモノ だと思っています。

何で残したいのだろう?
他に撮り手はたくさんいるのに、何で 『 とくおか じゅん 』 という人を選んだのだろう?

そこには必ず理由があって少しずつ仲良くなっていったら
残したいひとにとっても、僕にとっても大切にしたい思い出になった。

それが僕の考える ( 理想の ) 良い写真です。


その為には、僕一人の力だけではどうにもならなくて
残したいひともただ撮ってもらうのではなく
大切な時間とお金を預けて、自分たちの人生の瞬間を残してもらうわけだから
もっともっと真剣に考えてみてほしいんです。

写真を残すってことを。
人生を撮ってもらうってことを。
10年、20年・・・ ずっとずっと残っていくということを。

僕はいつもそのことを考えてます。

だから、ご依頼・ご相談を頂いたら、まず会いに行くんです。











Copyright ⓒ Jun-Tokuoka All Rights Reserved