人を撮るということ








写真を撮るってなんだろう?

ひとを撮るってどういうことだろう?

写真を撮り続けてると時々、色んな疑問にぶち当たります。


僕の写真はカメラという機材を使い、被写体となる 『 ひと 』 がいてはじめてその存在が成り立っています。
ちょっと言い方が大袈裟かもしれないけど、ホントにそうなんです(笑)

それだけ 『 ひと 』 が持つチカラってスゴイんです。  僕はひとを撮り続けることでそのことを実感しました。


写真ってずっと残っていきますよね?
その時の自分の姿、気持ち、どんな日だったか?  写真一枚で色んなことが思い浮かんできます。

どれだけ面白いことを言っても笑ってもらえなかったら単なる寒いギャグになってしまうし(笑)
高度な技術 に 高価な機材、豊富な経験や知識を持っていればそれなりにキレイな写真にはなりますが

そこに気持ちがなかったら 写心 にはなりません。


だから、ひとを撮るってことは その人の
人生を撮るということ になるんだと思うんです。








当サイトの写真を見てもらったら分かるように僕は写真が特別上手いわけではありません。

シャッターを切るごとに満足よりも、もっともっとこうしようという気持ちが出てくることもありますが
だからと言って過去に戻って変えたいとは思いません。


なぜなら、その1つ1つが当日起こったありのままの出来事だからです。


僕の技術や経験的なモノに関してはこれからいくらでも変わっていくことはできますが
その場のその瞬間で起こったひとの感情の行き交う空気感というのはウソ偽りのない真実です。

僕はその 『 ひとの感情が動いている瞬間 』 を 写すことが大好きで写真をやってきました。

これからもその気持ちは変わらないと思います。


良い写真 が 上手い写真 とは言い切れないし

上手い写真 が 良い写真 とも思いません。



こだわるべきなのは、良い・上手いではなく、人生のあしあとを残すお手伝いをさせてもらっている・・・

『 それだけスゴイことをやってるんだ!』 という気持ちが大切なんだと。


だから 結婚式を撮ること、子供を撮ること、家族を撮ること、ひとを撮ること・・・

自分にとっては全てが同じであってどれが一番かなんてのはありません。

比べること自体が間違ってるんだなぁと思いました。


今の自分が写真 ( ひと ) を撮るということはそういうことなんだと思っています。








そして、写真を撮るということはひとの人生の瞬間を残していくだけでなく、自分のあしあとにもなっていきます。


どんな状況で、どんな気持ちでシャッターを切ったか?

どういう風に声をかけながらシャッターを切ったか?


自分が撮った一枚一枚の写真に自分自身が写ってなくても、そのときに感じた気持ちは残るんです。



だから、これからもずっとひとつひとつの瞬間を大切にこだわって

そして、
楽しく撮っていきます






Copyright ⓒ Jun-Tokuoka All Rights Reserved